子供の落語サークル、教室、部、クラブ、塾 子ども落語 小学生 中学生 飯田市 小学校 長野県 らくご キッズ 出前 寄席 落語 ボランティア 土曜 ちびっ子 プロとの交流 | ■子ども落語塾のようなもの/らくごキッズ・土曜笑学校■
■会員募集    ■見学受付    ■お知らせ    ■ムトス飯田賞   ■ごっつぁんです
============================================ コメントをいただくと、子どもとスタッフが天にも昇るほど喜びます。是非お試し下さい

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

志の吉さんの落語

志の吉さん

12月21日(金)、千代小学校の粋な講演会があったので(親子そろって落語を楽しむ会)飯田に来られた立川志の吉さんに、是非にとお願いして土曜笑学校でも公開講座と言う事で二席、やって頂きました。

一席目は『猿後家』。自称ラッキー池田似の志の吉さんが「きーー!怒り」と怒るおかみさんを演ずる迫力。
二席目は『看板の一』。「お母さん方、子どもに聞かせていいですか?」と断りを入れての博打話。
ただただ大笑いしていた私で、実は演目は子どもに後から聞いたのでした。
子ども達、いつもボケボケだらだらゲラゲラしているだけかと思ったら、結構勉強してるんですね。

こうしてプロの噺を直に聞けて、子ども達は本当に幸せな奴らだなぁとつくづく思う保護者であります。

らく次さんが来てくれた!!

らく次さん、おめでとうございます!
仕事で飯田にいらした立川らく次さんが、土曜笑の子ども達の顔を見に8日の稽古の時間に合わせて来て下さいました。

急遽作った「二つ目昇進おめでとうございます」の垂れ幕(写真後方の建物の2階からぶら下がっている白い紙)、土曜笑号に積んでおいたら何と自動車の鍵が開かなくなると言うハプニングが冷や汗
らく次さんを迎えに行ったお母さんに時間稼ぎをするよう指令が飛び、5時間もバスで座りっぱなしで、とにかく早く足を伸ばしたいらく次さんを乗せたまま、法廷速度ぎりぎり超安全運手、大外回りで橋北公民館へ…
もたもたした出迎えにお付き合いして頂きありがとうございました。
お疲れのところ本当にすみませんひやひや

全員でお出迎え全員でお出迎え
「らく次さん、おめでとうございます」

その後、らく次さんを囲んで話をうかがいました。
子ども達から「初高座では何をやったか」とか「好きな噺は?」など質問がとび、楽しく答えて下さいました。

玉すだれは難しい
指導もして頂きました
土曜笑で余芸としてやっている玉すだれを、一緒に練習したり、小咄の稽古を見ていただきました。

土曜笑学校を気に掛けて下さり、子ども達には千社札まで頂いて、らく次さん、ありがとうございます。
これからもご活躍を期待し、みんなで応援しています。

来年は一緒にホタルを見に行きましょう。また、来て下さいね。

圓十郎きらく寄席 出演

紀の介8月25日にあります橘家圓十郎師匠の『圓十郎きらく寄席』に土曜笑学校より一期生の紀の介とりょうたが出演する事となりました。

師匠には日頃より気に掛けていただいていますが、今回の寄席にも土曜笑学校の子どもに出演を依頼して下さいました。


りょうた
今年は紀の介、りょうたとも中学3年生。
来春は受験!?
と言うことで、二人の公演出演は春までお休みとなる予定です。

是非、大勢の方に応援して頂きたいと思います。



お問い合わせは
 『髪切りカズちゃん』内 橘家圓十郎後援会事務局 0265-25-6427
  山本世代交流センター                  0265-25-2001

晴れて二ツ目全員祭

晴れて・・・          行きたいなぁ。   仙拓
すみません、画像がでかすぎました。

らく里・らく次・志らべ 昇進記念の会

昇進記念会詳細はチラシの通り。おいでなんしょ寄席と被ってます。

圓十郎きらく寄席のお知らせ

チラシ飯田市山本出身の大型落語家・橘家圓十郎師匠の地元落語会「圓十郎きらく寄席」が下記の通り開かれます。
今回は土曜笑学校の会員2人がゲスト出演することになりました。

圓十郎師匠の芸は驚くほど進化しており、本当に真打らしくなっております。
ぜひご来場下さいますようお願い申し上げます。


        記
と き●平成19年8月25日(土)
    開場午後6時半/開演午後7時
ところ●山本世代交流センター(飯田市山本自治振興センター)
木戸銭●一般2000円(会員1500円)
出 演●橘家圓十郎
    プロマジシャン・MYSTERA(ミステラ)
    土曜笑学校から2人
円十郎師匠の親族
「みんな来てね」と来場を呼び掛ける可愛らしい姪2人とご母堂様

■■■■■■■■チケットのお求めは■■■■■■■■
(唇惰押“單津后座光寺店

髪切りカズちゃん内 橘家圓十郎後援会事務局
TEL 0265−25−6427
山本世代交流センター
TEL 0265−25−2001

お礼に…(ついにアップできる時が来た!)

らく次画伯の色紙
先日、立川流の二つ目昇進試験があり、らく次さん、らくBさん、kiwiさんらが合格した。
この試験にあたり、土曜笑学校の子供たちが応援の手紙を書いたようです。(私は知らなかったのですが)
そのお礼としてらく次さんが送ってくれたのがこの色紙。
イラストが得意ならく次さん。うまいよね。
kiwiさんからはお礼の葉書が届きました。
お三方ともこれからも精進されて、でっかくなってくださいね。
応援してますよ!
(仙拓)

特盛!つゆだく!完食!(一部加筆・訂正)

約40人の来場で、入りこそ「並」でしたが、内容の方は予告通り特盛り且つ「つゆだく=汗だく」(円十郎師匠)でした。
亮太楼本当は亮太楼、凧八とも前座を務める予定でしたが、円十郎師匠のリクエストにより、前座に亮太楼、膝代わりに凧八という番組になりました。「プロの後に上がるのは厳しい」と言ったら、「それも経験だから」とのこと。2人とも急なことで、しかもプロに見られているので緊張したかと思います。
亮太楼は幽霊の小咄、凧八は「大安売り」をかけました。


凧八亮太楼は軽やかさがいいし、凧八もなんともいえない独特の味がある。小学生のころより客の目が気になり、羞恥心とたたかうのが一番大変なんだろうと思いますが、正しい訓練を重ねて克服すれば芸はもちろん、あらゆる面で伸びるだろうなあという印象を受けました。
つまり、現状では課題は多いけれど、べら坊さんが言う「中学生レベルの落語」に近づきつつあるということです。
問題は「力の入れどころ」です。上機嫌で電話してきたべら坊さんによると、小咄の練習を基点にした表現力(表情、メリハリなど)の強化に力を入れ始めたとのこと。なるほど、今後に期待が持てると感じたのは、そのあたりが作用しているからか。
師匠から祝儀(出演料)もいただき、大喜びだったとか。よかったね。



橘家圓十郎師匠主役の円十郎師匠は「時そば」(時期はずれだが、子どもに聞かせたいのでリクエスト)「野ざらし」(当人が提案)とも大うけでした。当人は「2席とも60点」と話していましたが、手抜きなしでやってくれ、みんな大満足だったと思います。実に真打らしい芸になったし、(今までにも何度も書いてる気がするが)食べる仕草は本当に食欲をそそります。「時そば」は斬新な入れごとなしなのに大ウケで、あのネタに関していえば円蔵一門では一番面白いと思います。一文ちょろまかすのに成功する男の方でもあれだけ笑いをとれるというは、やっぱすごいですよ。
マクラも盛りだくさんで、いじめられる側の心の持ちよう、笑いで自己防衛できること、親子のコミュニケーションなど、実体験を通じて語った笑いの効能と教育論は親子、一般来場者ともにとても勉強になったのでは?

「10何年やっているが、勉強に終わりはない。生涯勉強なのだと思う」「大笑いできる人の方が育ち(家庭環境)がいい(親子のコミュニケーションが取れている証拠)」「全て親の責任だと思う」といったフレーズは、何度も聞いている私ですら「いいこと言ってるなあ」と感心した次第です。


子どもたちは終了後、師匠の表現力を「すごい」と評し、参考にしたいと話したそうです。勉強になったようで、やってよかったと実感しました。
師匠は「あのくらいの規模の会を年1回やりたいなあ」と言っていました。今回の反省を生かし、継続する方向で考えていきたいと思います。

いよいよ5日に橘家圓十郎落語会

詳細は5月2日付の当ブログをご参照下さい。

円十郎落語会(5日)のネタ決まる

皆様、いかがお過ごしでしょうか?一週間のご無沙汰でした、司会の玉置宏です。「初めての生落語〜特盛落語会」まで残すところあと2日となりました。
円十郎 豊丘で公演先週の日曜日…は何日だっけ?休んでないのに連休ボケだな…29日に、豊丘村の伴野上村常会というところの集会に円十郎さんが出るというので、特別に呼んでもらいました。豊丘にも「上村」があったなんて、この齢で初めて知りました。何と読むかご存知ですか。答えは「かんむら」です。
この日は「お見立て」を演ったのですが、実にいい出来でした。写真はその時の様子です。
一日おいて昨日打ち合わせをしまして、5日の演目が決まりました。
もったいぶらずにお教えしましょう。

「時そば」「野ざらし」です。

上記に関連した詳しいことは2日付と3日付の南信州新聞に出てます(ネットを検索しても載ってませんよ。定期購読してない方は駅かコンビニ、販売店で買うよろし)。



打ち合わせの際、円十郎師匠が「久々に聴いてみたいなあ」というので、子どもを一人開口一番として出すことになりました
誰が出るかは当日のお楽しみです。「土曜笑のファンだ」という声も最近よく耳にしますので、そういう方もぜひお越し下さい。

折込チラシそれから、今朝の朝刊に橋北地区のみチラシを約2000枚折り込みました。どれくらいの人数が来てくれるのか、ちょっと予測できませんが、午前中にさっそく問い合わせをいただいたので、狭いとお客さんに迷惑をかけるからと2階の予定を急遽3階に変更しました。

土曜笑主催の落語会は極力準備に手間暇をかけず、お手軽に何度もやる(やれる状況を作り出すのも活動の成果)ことを旨としているのですが、人数が読めないというのは不安なものです。
どうか一つ、お誘いあわせの上ご来場のほど、隅から隅までずずずい〜っと御願い奉ります。


            記

■イベント名:第1回初めての生落語体験〜特盛落語会
■日時:5月5日午後1時開場 同1時半開演
■会場:橋北公民館(飯田市江戸町) 会場地図 キラヤ東側に駐車場有り
■出演:橘家円十郎師匠(落語協会、真打)
■入場料:小中学生無料(ただし保護者の同伴が原則)
     一般1000円
■予定演目「時そば」「野ざらし」
■予約・問い合わせ:事務局 メール(doyosho@yahoo.co.jp)
          電話(TEL090−1118−3688)
★子どもからお年寄りまで、どなた様もお気軽にご来場下さい。御通家も大歓迎。
携帯でも見られます
PROFILE
オフィシャル、といってもトップページしかないけど
USEFUL CONTENTS
■スケジュール 
       ■写 真            ■掲示板
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    りつこ (07/15)
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    紳士28号 (06/02)
  • 参流亭ゴット(2期生)
    某ドカタ (04/01)
  • 小学校卒業記念 落語二人会
    座遊亭鹿野 (03/24)
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    リンデル (01/15)
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    桃医 (01/09)
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    ナーマソフト (12/25)
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    きんちゃん (12/17)
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    ばきゅら (12/08)
  • 『小学校卒業記念落語会 二人会』  ありがとうございました
    俊之 (12/04)
RECOMMEND

  • 全身落語家読本 / 立川 志らく
  • この頃の志らくはピストルズだった。落語を冒涜する馬鹿どもをぶった斬る前半は必読。

  • らくご小僧 / 立川 志らく
  • これは読後感がよかったなあ。

  • 志らくの落語二四八席辞事典 / 立川 志らく
  • 「鑑賞のツボをシャープに解説」とあるが、実は聴き手より演じ手にとって参考になる内容。各演目ごと、どこにポイントを置き、どう演じるべきで、どう演じたらいけない、といった演出のコツが端的に書かれており、落語をやるならぜひ入手したい一冊だ。

  • 千字寄席―噺の筋がわかる落語事典〈下巻〉 / 立川 志の輔
  • これは本当に勉強になる上に文章にフラがあり、読んでいて楽しい。

  • 立川談春“20年目の収穫祭” / 立川談春
  • 切れ味鋭いね。

  • 落語「通」検定 粋に楽しむ落語 Yahoo!インターネット検定公式テキスト /
  • 落語ファンを自認するなら。意外と興味深い問題もありますよ

  • 破門―ただ今、落語家修業中 / 松垣 透
  • 祝・昇進
LINKS
フルーツカクテル

OTHER
SEARCH
スケジュール
出演をご依頼いただく前にここをご参照下さい
Yahoo!カレンダー
検索

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

日めくり
SPONSORED LINKS